スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タビと道づれ

タビと道づれ 1 (BLADE COMICS)タビと道づれ 1 (BLADE COMICS)
(2007/04/10)
たな かのか

商品詳細を見る

今回紹介するのは、たなかのか先生の「タビと道づれ」(マッグガーデン 全6巻)です。

15歳のタビは幼馴染の航ちゃんに会うため、電車に乗って5年前住んでいた街に戻ってくる。駅を降りるとそこにはニシムラさんというおまわりさんと18歳の学生であるユキタ君がいたのだが…

その街は毎日同じ日が繰り返される不思議な街であった。

タビは航ちゃんに会うため、プラネタリウムのあるところへ行こうとするが、坂の途中でいきなり道が崩れ、穴の底へ落ちそうになる。しかし、ユキタ君がタビを助けに来てくれ、何とか落ちずに済む。そして、穴はすぐに塞がり元の道に戻る。

ユキタ君は街が俺たちを食おうとしていると言い、どうしても街から出ることができないと聞かされる。また、ユキタ君とニシムラさん以外は毎日の記憶がリセットされ、同じ1日を繰り返しているのだと知る。

出ることも入ることもできないはずの街に入ってきたタビは、ユキタ君から新しい手掛かりとして期待されるが、後ろ向きなことばかり言ってしまい、ユキタ君に嫌われたと思い込む。そして、その場から逃げ出し街をさまよっていると、また道に落ちそうになる。そこで、クロネという少年に会う。

彼は、自分のことを"セキモリ"だと言い、"テガタ"を持っていると通れる道があるのだと教えてくれる。
よく見るとタビにもテガタがあり、クロネはそれを譲ってほしいと言うのだが…。



たなかのか先生の描く世界は優しい雰囲気でとても好きです。「タビと道づれ」では口下手で気弱なタビがユキタ君と出会ってだんだんと変わっていくところが素敵です。

ちなみに、テガタを与えられたセキモリは1つ願い事をかなえることができるのですが、セキモリにも等級があり、上位のセキモリの願いが優先されます。

同じ1日を繰り返すように願っているセキモリは誰なのか。そして、タビは航ちゃんに会えるのか。

様々なセキモリの願いが交錯した不思議な街の不思議なストーリーをぜひお楽しみください。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : たなかのか

コメントの投稿

Secret

ちょっとノスタルジー

未読なんですが、当時本屋で見かけたのを覚えています。

そのとき『ARIA』にハマっており、同じような雰囲気だったので、買ってみたいなぁ~と思いつつ、今日まで至ってしまいました・・・・

読みたいと思ったとき読まないと、機会ってなかなかないんですよね。

Re: ちょっとノスタルジー

「タビと道づれ」の帯コメントは「ARIA」の天野こずえ先生が書いていたりして、確かに似た雰囲気ですよね。

シリアス具合は「ARIA」と「あさっての方向。」の中間くらいな気がします。

新しい漫画がどんどん発売されるので昔読もうと思っていた漫画にまで手が回らないことって多いですよね。お暇があればぜひ一度読んでみて下さい。
私も忙しくなければ読みたい漫画をもっと読むのになあと日々思っています(笑)。

人気記事ランキング

FC2プロフ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ(タイトル別)
カテゴリ(作者別)
連載中のおすすめ漫画
訪問してくれた人数
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新コメント
ブログランキング
リンク集
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム
お問い合わせは こちら
ブログ村
連載中のおすすめ漫画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。